両足とも脱臼していました・・・

Advertisement

ねぎお夫です。

以前後ろの左足が膝蓋骨脱臼と診断されたねぎおは、
後日しっかり診てもらうと両足とも脱臼していたことがわかりました・・・Σ(゚口゚;

膝蓋骨脱臼を専門とする2つの病院どちらからも手術することを勧められました。
骨は変形し、左足の靭帯には炎症がみられ経過とともに切れてしまう心配もあったからです。

手術の手続きをし、そのまま診察室を出ようとすると
獣医さんの後ろにあったゲージではちょこんと座ってこっちを見ながらクンクン鳴くねぎお・・・
なんで帰るときに寂しくなるようなところに置くんだよ先生・・・

と、心配しながら帰宅するも
その日のうちに手術が終わり獣医さんからも「大丈夫です」と電話がきて一安心。
次の日の電話では「もう立ってますよーご飯もばっちり食べてます」って
骨も切ってるのにそんなすぐに立てるんだ!とびっくり。
ワンコの回復力ってすごい。

その後も状態はよく、4・5日後には退院できますよーとなり本日無事退院しました。

 

img

IMG_1865

すっかり下半身はすーすーのじょりおに。
まさかこんな形でライオンの尻尾になるとは。

このまま安静にして7〜10日後に抜糸です。

 

※ねぎおの場合は手術することにしましたが、
脱臼を持っていてもしっかりと体重や環境を管理することで無症状のまま生活できる子もいるそうです。
まずは膝の状態をしっかりと診察してもらうことが大事のようです。

コメント

2件のコメント

  • 黒もも
    2015年10月30日 10:30 PM

    今晩は。
    いつもコッソリ拝見してます
    黒ももと申します。
    膝蓋骨脱臼で手術を
    なさったのですね。。
    無事に手術が終わり
    我が子のことのように
    安心しました。
    我が家の長女も後ろ両足とも
    診断されたので
    手術をするか体重管理をするか
    悩んでおりまして。。
    手術を経験された方の
    お話などもお聞きできたらと、、、
    またお邪魔させていただきます。
    ねぎおタンが早くよくなりますように(。-人-。)

    • ねぎ夫
      2015年10月31日 1:21 AM

      黒ももさん、こんばんは!
      コメント&ご心配ありがとうございます。

      膝蓋骨脱臼は状態によって平気な子もいるとのことなので判断が難しいですよね・・・。

      ねぎおは脱臼を起こした日から足を引きずり
      放っておくと靭帯が切れてしまう可能性もあったため手術にしました。

      まだ傷跡もくっきり残って見た目は痛々しいですが、
      元気に歩いている姿を見ると手術してよかった、というのが今の心境です。
      (完治までは2、3ヶ月かかるのでまだまだ油断はできないのですが・・・)

      ぜひまたねぎおサイトに遊びに来てくださーい :)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事